Miku Weblog Site

2005年06月21日

人は仕事で磨かれる

昨日の話。
↓の人のことです。

人は仕事で磨かれる/丹羽 宇一郎

4000億だった不良資産の一括処理し、翌年伊藤忠史上最高利益を計上した経営者さんです。
丹羽さんは今でも電車で通勤されてるそうですよ。その理由は「会社の車に乗って通勤すれば快適だが、そうすると
どんどん世間の常識からずれていく、そのほうが
怖い」だそうです。
私も所得が上がって生活レベルが2年前より上がってるような気がします。悪いことではないのですが、このまま回りから外れてどんどんエスカレートしていくと数年後には回りの人たちとすごいギャップが発生しそうです。
普段気づかないだけにこの本を読んで引き締まりました。
以前友達が「普遍性を求める」という単語をよく使っていたのですが、同じようなことを意味していたんだと思ったり。
簡単なことなんだけど、つい忘れちゃいますよね。
まぁ、人生「清く正しく美しく」が素敵ですよね!

[ BOOKS ]
blank_space

2005年04月28日

なんとブレーメン2が!

川原泉さんのブレーメン2が星雲賞参考候補作になってました!
人間の船長と動物のクルーたちの船ブレーメンでおこるコミカルな(コミックだし・・・)ストーリです。
アクの強いキャラとたまに見せるシリアスな展開がたまんなく面白いです。
ブレーメンのほかにもプラネテスも面白いです。

[ BOOKS ]
blank_space

2005年04月21日

引越ししてもアマゾンからは

容赦なく届くわけで。

パソコン1つで年収数千万円稼ぐ私のネタ帳


30歳からの成長戦略 「ほんとうの仕事術」を学ぼう


働きがいのある人生 ― 仕事が絶対面白くなる100の法則

やっぱりブライアン・トレーシーの本はおもしろい。
個人的にヒットなのは30歳からの成長戦略。
もうそんな年も近づいてきたかと感じる一方で、やる気が出てきたよ!
1分1秒でも無駄にしないように生きてゆくぞー。

[ BOOKS ]
blank_space

2005年02月17日

二ノ宮知子のおすすめ


天才ファミリー・カンパニー6

のだめカンタービレでファンになった二ノ宮智子先生の昔のコミックをあさってたところ発見しました。
のだめより面白いかも・・・
なんか、いっぱい天才さんが出てくるんですが、みんあクセのあるキャラばっかりなんですよね。ついつい全6巻一気に読んでしまいました。

[ BOOKS ]
blank_space

2004年12月16日

マツダはなぜ、よみがえったのか?


いちおうマツダ派ということで買ってみました。
カルロス・ゴーンの華麗な日産の復活の影でフォードの堅実な経営とマツダの技術陣とのぶつかり合いを書いてます。
まぁ、マツダ好きには面白い本だと思いますが普通の人には「ふーん」くらいの本かとも思ったりしました。

[ BOOKS ]
blank_space
投稿者 miku : 23:18 | コメント (0)

2004年12月06日

のだめカンタービレ


おもしろい面白いとは聞いていたが、こんなに面白いとはおもいませんでした。10巻まで一気に読んじゃいました(;´∀`)

二ノ宮知子さんのKissに連載中の少女マンガです。
「のだめ」は主人公野田恵のあだ名。「カンタービレ」は音楽用語で「歌うように」の意味だそうです。
久しぶりにヒットでした。クスクス系の笑いがかなりいい感じです。はやく続きを読みたいと思った本でした。

[ BOOKS ]
blank_space
投稿者 miku : 11:34 | コメント (2)

2004年11月10日

最近読んだ本

読書の秋をかなり満喫したので、この秋読んだ本を並べてみたり。
夜回り先生
夜回り先生と眠れない子供だち
サンクチュアリ
LOVE&FREE
ピンポンダッシュ
セックスボランティア
最果ての銀河船団
新スペシャリストになろう!
Movable Typeで今すぐできるウェブログ入門
Cisco CCNA問題集640-801/811+821対
萌える法律読本 日々の生活篇
萌える法律読本 ディジタル時代の法律篇
PLUTO 1 (1)
まだあったけど、覚えてるだけ書いてみた^^;
まだちょっと少ないかな・・・またレビューを書いていきたいなーと思います。

[ BOOKS ]
blank_space
投稿者 miku : 20:48 | コメント (1)